キャビテーションや痩身エステの痛みとキャビテーションの安全性

更新日:

前回キャビテーションの効果と必要な回数・効果アップのポイントを書かせて頂きました。

 

でも、いくら効果がありそうでも痛い施術ははちょっと勘弁。

と尻込みされる人もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方に向けて今回はキャビテーションや痩身エステの施術の時の痛みや痛みの原因、安心して施術してもらう為にキャビテーションの安全性についても調べてみようと思います。

痩せる代償!?痩身エステは痛いもの?

そもそも痩身エステと言われるエステは美肌エステの気持ち良さとは対照的に、美容のための我慢道場のようなイメージが付き物です。

 

これは痩身エステが、ガチガチに固まった悪の親玉セルライトをひたすら揉みほぐしては潰して絞り出していく施術だから。

このセルライトを潰すマッサージが痛いのなんのって。

 

その記憶から痩身エステは痛みとの戦いのようなイメージが付いてしまっています。

ではキャビテーションはどうなのでしょうか?

 

キャビテーションの痛みとその後の施術の痛み

大きくなっていればそれだけ硬く頑丈になっているセルライトですから肌の表面から軽く揉んだくらいでは簡単に分解などはしてくれません。

 

それをマッサージやローラーなどで潰すとなるとある程度の痛みに耐えないといけないのも理解出来ます。

そんな皮膚の上から頑固なセルライトに向けてゴリゴリ、グリグリしていた施術に比べてキャビテーションは直接脂肪細胞を包んでいる膜を壊す事が出来る画期的な施術なのです。

 

しかも皮膚や筋肉、血管やリンパ管には影響を与えず、傷つける事もないので痛みは感じません。これはちゃんと臨床実験で実証されています。

また超音波なので強い振動を感じる事も、やけどなどの皮膚へのダメージも心配ありません。

 

施術箇所がほんのり温かく感じるくらいです。

ただしエステのコースではキャビテーションの施術の後、流れ出た脂肪を体外に排出しやすくするリンパマッサージを合わせてコースに組み込んでいる所も多く、リンパの流れが悪く詰まった箇所が多い人はこのリンパマッサージが痛いと言う事は十分に考えられます。

 

ですが余りにも強いマッサージを行うと、痛みに耐えるため身体に余分な力が入ってしまい逆効果になる事もあります。

痛いようならその事を施術者さんにきちんと伝えイタ気持ちいいくらいに加減して貰いましょう。

既にキャビテーションを使ったエステは美容道場の昔の姿を止めてはいないのです。

 

キャビテーションの安全性は?副作用などはないの?

現在まで世界中で死亡事故が1件も報告されていないキャビテーションは、肥満に悩む欧州やアメリカで人気の施術となり、ここ日本でも注目されるようになりました。

 

現在では国内の多くの医療機関や美容エステで使用されています。

また安全性の面では多くの医療機関で痩身の施術に取り入れられている事からも実証されています。

 

徐々に認知度は上がってきていますが、それでも日本では施術の歴史が浅い事や、いくら医療機関が使用していても安全とは限らないのでは?

と慎重な人も中にはいらっしゃると思います。

 

ただキャビテーションに関しては国内の多くの大学や研究所で安全性の実証実験がされていて既にその安全は実証済みなのです。

安全性や痛みのない点では確かな施術と言えます。

 

切らない脂肪吸引と呼ばれ、メスや薬を一切使わずに脂肪吸引したような大きな効果が得られる理想的な施術と言われています。

もちろんどんなに安全な施術でも体調や体質によっては施術を受けられない人もいます。

例えば妊婦さんや心臓にペースメーカー等を入れていて超音波への影響を受けやすい人や肝機能に障害のある人は施術出来ないので、自分の体調が心配な場合は事前に相談してください。

 

まとめ

キャビテーションは痩身エステに比べて痛みも少なくそして副作用などもないことがわかりましたね。

女性にとってみたら「今までのダイエットってなんだったの!?」という感じではないでしょうか。

 

キャビテーションは確実に効果を手に入れられる安全性の高いダイエット。

あなたも本気で痩せたいのならまずは体験からはじめてみてはいかがでしょうか?

-キャビテーション

Copyright© キャビテーション情報館 | 東京・千葉で痩せたと評判の体験エステは? , 2018 All Rights Reserved.