肉割れや妊娠線を解消!スベスベ肌を取り戻すキャビテーション活用テクニック

更新日:

気を付けていたはずなのに、お腹や太ももに、まるでスイカのような肉割れができてしまった。

 

いつの間にか太ももに肉割れが・・・肉割れや妊娠線は目に見えるだけにショックですよね。

そんなお肌の傷痕、どうにか目立たなくならないかと悩んでいらっしゃる人もいますよね。

 

今回はキャビテーションで肉割れや妊娠線を目立たなくしスベスベな肌を取り戻す事を目標に色々調べてみたいと思います。

 

肉割れや妊娠線はなぜ出来るの?

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三層から出来ています。

 

表皮とは普段から見ている部分で、その内側に真皮と皮下組織があります。

少しお肌を引っ張ってみて下さい。表皮はある程度、伸縮する事が分かりますね。

 

でも真皮や皮下組織は急激に伸びることは出来ません。

妊娠に伴いお腹が大きくなってくると、真皮や皮下組織も徐々に伸びていきます。

 

でもお腹の子の成長スピードが早いと、真皮や皮下組織の伸びが追い付かなくなり亀裂が出来てしまいます。

更にこの時期は女性ホルモンの乱れからコラーゲンが産生されにくくなっているので皮膚組織の断裂が起こりやすい状態になっています。

 

このような仕組みで、肌内部に亀裂が出来ると表皮に赤紫の線が何本も表れます。

 

これがいわゆる妊娠線。

 

同じように急激に太った事で出来る線を肉割れと言います。

 

意外と知らない!キャビテーションで改善できる肉割れや妊娠線

妊娠線は皮膚の伸びが原因なだけではなく、コラーゲンの断裂やコラーゲンが正常に作られないことでも作られてしまいます。

 

真皮層にはロープ状になったコラーゲンの繊維がネットのように張り巡らされている構造になっています。

 

このネットが切れた場合にも、表皮に亀裂のような線が表れます。

この状態は、コラーゲンが切れているだけなので、キャビテーションをしてコラーゲンの生成が促進されれば改善できる可能性があります。

 

キャビテーションでも消えない白い肉割れと妊娠線

肉割れや妊娠線は出来た直後は赤紫色です。

でも時間が経ってくると、細胞が亀裂を修復し始めます。

 

修復するための細胞は白っぽい色をしているので、修復が進むと、肉割れや妊娠線が白っぽい色に変わります。

この修復に使われた細胞は実はほとんど生まれ変わらない(ターンオーバーしない)ので、ずっと白っぽく残ったままになります。

 

これが肉割れや妊娠線が消えない理由です。

 

キャビテーションなら消せないけれど目立たなく出来る

キャビテーションで脂肪細胞を壊していくと、それまで脂肪に圧迫されて流れの悪かったリンパの流れも少しずつ改善されます。

結果、真皮層にまで栄養が行き渡るようになりコラーゲンの産生が活発になります。

 

コラーゲンが生成されてターンオーバーが活発になると新しい肌細胞が作られるスピードも上がり、古い角質との入れ替わりが活発になります。

こうして徐々に傷も目立たなくなります。

 

さらに脂肪でパンパンだった表皮の張りが少しずつ改善されると傷も目立ちにくくなり、セルライトの解消で肌表面のボコボコした凹凸も小さくなっていきます。

 

まとめ

いかがですか?1度付いた傷はどうしても消せませんが、それでも目立たなくなれば気になる事も少なくなりますよね。

スベスベ肌を取り戻すべく、お肌が生まれ変わる手助けもしてもらえるキャビテーションは結構魅力的だと思いませんか?

 

高額なものだし本当に効果があるかどうか不安、でも綺麗になれるなら・・・という方はまずはエステサロンで体験してみてはいかがでしょうか?

エステサロンではしっかり納得してから契約してもらえるように体験コースを用意しているところが多いんですよ。

 

5,000円以下で体験できるエステサロンをTOPページでまとめていますので、本気で綺麗になりたい方はチェックしてみてくださいね。

-キャビテーション

Copyright© キャビテーション情報館 | 東京・千葉で痩せたと評判の体験エステは? , 2018 All Rights Reserved.