時間がない!産後太りにこそ切らない脂肪吸引がおすすめな3つの理由

更新日:

出産は大変な痛みと苦しみの結果、この世に命を誕生させる一大イベント。

汗だくボロボロに疲れ果ててみたものの、実際に出産した我が子ほども体重は落ちることなく、何だか不思議。

 

きっと時間差で痩せていくはず・・・と期待だけは持っていたものの、一向に元の体重に戻ることはなく、そのままだった。

 

そんな恐ろしい産後太りを経験してしまった人は実は妊婦さんの約3割にも達するそう。

それだけではなく妊娠して、子供を産むと体質も変わって太りやすい体質になってしまう人もいるのです。

 

産後はなぜ太るのか、なぜ体型が戻りにくいのか、詳しくみていきたいと思います。

出産前に知っておきたい産後太りの原因

妊娠中は、どうしても通常より運動をする機会が減りがちです。

そのため、筋肉量が低下して基礎代謝が減りやすくなります。

 

出産を終えてからも、妊娠中と同じように運動量が少ない状態が続いていると、産後太りをしやすくなります。

妊娠時期や授乳時期は赤ちゃんの為に摂取カロリーを増やしますが、その食生活をいつまでも続けていると産後太り一直線となってしまう訳です。

 

更に妊娠中に長期間伸びていた腹筋や、出産時に開いた骨盤がそのままになっていると身体の歪みから下半身太りになりやすいです。

 

一般的に産後太りを解消するには、出産後半年が勝負と言われています。

ですが自己流ダイエットでやり方を間違えると痩せるどころか逆効果。という事になりかねません。

妊娠中に蓄積された脂肪は落ちやすいは嘘!?

妊娠中に蓄積された脂肪は流動性脂肪だから落としやすい。

と書かれた記事をみた事がある人もいらっしゃるかもしれません。

 

でも残念ながら医学的にこのように呼ばれる脂肪はありません。

どんな脂肪も一度着いてしまうとなかなか落ちにくい厄介なものなのです。

 

産後は授乳やオムツなど寝る時間も不規則で正直育児以外のことなんてやっている暇はありません。

じゃあもう女としてはあきらめるしかないの?と不安な気持ちになっているあなたにおすすめなのが切らない脂肪吸引です。

 

産後太りに、切らない脂肪吸引が効く3つの理由

脂肪吸引というとどうしても切らなければいけないのでやってみたいけど不安もという方が多いです。

ですが最近はキャビテーションといって超音波を使い脂肪細胞を破壊する切らない脂肪吸引が人気なんですよ。

3つのポイント
  1. 脂肪を破壊するので脂肪の除去に効果的
  2. 代謝を改善する効果がある
  3. ターンオーバーを促進で妊娠線やたるみを目立たなくしてくれる

 

キャビテーションは繊維質が少なく柔らかい脂肪は比較的簡単に破壊する事が可能な施術です。

 

産後太りの身体は「脂肪の蓄積」と「代謝の悪化」が主な原因。

脂肪を破壊して外に流すキャビテーションやラジオ波は効果的に痩せる身体を作ってくれます。

 

また、身体を温める効果のあるラジオ波が代謝を改善し促進でする効果もあり更に肌のターンオーバーを促してくれるので妊娠線やたるみを改善し目立たなくする効果もあります。

 

ただし、気を付けたいのは授乳時期。

授乳時期は、赤ちゃんに栄養を与える大切な時期です。

 

この時期の施術は避ける事が賢明です。

また体調が崩れやすく疲れも出やすい時期なので、身体の為にも避けるようにしましょう。

 

まとめ

いかがですか?産後太りの解消と、妊娠線や肌のたるみを目立たなくさせる効果が1度に得られるなら、時間を見つけてキャビテーションやラジオ波など切らない脂肪吸引をするのも良い気がしませんか?

リンパの流れを改善する事で、もしかすると子育て中のストレスも解消出来るかもしれません。

 

時間がないからこそ短期間でしっかりと効果を出せる切らない脂肪吸引をおすすめします。

-切らない脂肪吸引

Copyright© キャビテーション情報館 | 東京・千葉で痩せたと評判の体験エステは? , 2018 All Rights Reserved.